男の便秘解消法は女性と違うって本当?便秘薬や下剤に頼らず解決する方法とは?    

男性は女性ほど便秘と無縁な印象がありますが、厚生労働省の調査によると、全体のおよそ2割が便秘で悩んでいるとのこと。

男性であっても、便秘で悩んでいる人は少なくないようです。そこで今回は、“男の便秘解消法”にクローズアップ!便秘薬以外の便秘解消法を紹介していきます。

実は男性にも便秘になりやすいタイプの人がいる

便秘にはいくつかの種類があり、それぞれ便秘を引き起こす原因が異なります。女性に多くみられるのは、便意を我慢することで起こる「習慣性便秘」や筋力の低下などで腸の蠕動運動が低下している「弛緩性便秘」だと言われています。

一方、男性に特に多いのが「けいれん性便秘」。便秘と下痢を繰り返すという症状が現れますが、自分が便秘だということに気付きにくいのが特徴です。この「けいれん性便秘」の主な原因は、ストレスと生活習慣の乱れだと言われています。

腸は自律神経によってコントロールされているため、常にストレスを抱えている状態では、自律神経が乱れ、腸が敏感に反応するようになってしまいます。

そのため、下痢になったり便秘になったりを繰り返すのです。これは、女性ホルモンの影響や筋力の低下によって、腸の蠕動運動が鈍くなることで便秘になる女性とは対照的です。

男性の中で便秘になりやすいタイプは、常に神経を使う仕事に就いている人やストレスを溜めこみやすい人、運動不足の人などが考えられます。

便秘になりやすい男性の生活習慣

先ほど、「けいれん性便秘」の主な原因はストレスと乱れた生活習慣と書きましたが、具体的にはどのようなこのなのでしょうか? 詳しく説明していきますね。

仕事などで受けるストレス

仕事で営業ノルマがあったり、上司や同僚・部下に気を遣ったり、プレッシャーを感じたり…と、知らず知らずの間に様々なストレスを受けています。休日などに趣味や運動などでストレスを細目に発散できていれば問題ありませんが、休む暇なく働いていると、ストレスを溜めこんでしまう結果に…。

残業や夜更かしによる睡眠不足

腸のゴールデンタイムは22時~翌2時と言われ、0時に最も活動が活発になると言われています。

このゴールデンタイムに就寝していると、副交感神経が優位になり、腸は正常通り活発に働くことができるのですが、残業などで就寝時間が遅くなると、いつまでも交感神経が優位な状態が続くため、腸の働きは低下したままになってしまいます。

肉中心の食生活

飲み会や外食が続くと、どうしても肉中心の食生活になりがちです。

肉は、三大栄養素であるたんぱく質にあたりますが、悪玉菌を増やしてしまう作用も持っています。そのため、魚や野菜なども積極的に摂取することが大切です。

運動不足

仕事で忙しいと、運動不足になりがち。運動不足になると、便を排出するために必要な筋力まで低下してしまい、スムーズに排便できなくなってしまいます。

男性が便秘を解消するには?

男性の中で自分が便秘であることに気付いていない人や、「たかが便秘」と考えて対策を講じていない人は結構多いのが現実。

また、便秘の症状に気付いたとしても、正しい解消法を実践せずに整腸剤や下剤に頼ってその場凌ぎになっている場合が多いようです。でも、男性の場合、下剤の使用はNG!

便秘を解消するどころか、慢性化させ、さらには悪化させてしまう場合もあります。

なぜなら、「けいれん性便秘」は、腸の働きが過剰になっている状態

下剤など市販の便秘薬の多くは、腸の働きを活性化させることで排便を促す作用を持っているため、「けいれん性便秘」の人が下剤などの便秘薬を飲んでしまうと、過剰になっている腸の働きがさらにエスカレートしてしまい、悪化させるだけになってしまうからです。

そのため、男性が行うべき便秘解消法は、下のような方法です!

⑴ストレスを上手に発散する

「けいれん性便秘」の主な原因はストレスです。そのため、便秘を解消するために1番最初に行いたいのは、ストレス解消

仕事を変えることも、職場の環境を変えることも難しいので、ストレスの原因を除外するのは困難ですが、

  • 休日は仕事のことを考えない
  • 休日出勤はしない
  • 趣味に没頭する時間を持つ
  • 運動で気分転換する

などして、少しでもリラックスできる時間を持つようにしましょう。

⑵十分に睡眠を取る

先ほど説明した、腸のゴールデンタイム(22時~翌2時)の間に、できるだけ就寝するように心掛けましょう。

また、食べた後すぐに寝てしまうと、食べたものを十分に消化できないために腸に負担がかかってしまいます。理想は「食後3時間以上空けて寝る」ですが、難しい場合は、できる範囲で時間を空けて寝るようにしましょう。

⑶栄養バランスの摂れた食事を心がける

便秘を解消するために重要となるのが、バランスの良い食事です。

男性は特に、外食や飲み会が多いことから、肉類や油分を多く摂りすぎてしまう傾向にあります。そのため、昼ごはんは、焼き魚や煮魚などの魚類を選ぶようにし、野菜や海草類も積極的に摂るように心掛けるとよいでしょう。

いかがでしたか?

今回のポイントは、「男性が便秘を解消したい場合、下剤や市販の便秘薬の使用はNG!」ということ! 下剤を使えば一時的には排便できますが、症状が慢性化したり悪化してしまう可能性が高いからです。

男性の便秘解消のポイントは、「ストレス発散」「睡眠」「バランスの良い食事」の3つなので、まずはできることから少しずつ始めてみてください♪

ABOUTこの記事をかいた人

YU-RI

職業:美容ライター
学歴:薬学部卒
趣味:料理・雑貨屋巡り
便秘に悩まされ続けて30年近く。最近ようやく解消するコツが分かってきました。人によって解消法も変わりますが、その人に合った解消法に導けるよう色々な便秘解消法を試していきます!